仕様・設備

基礎

地盤調査データを基に安全確認後着工

サウンディング調査で安全性を確認

モアコーポレーションでは布基礎ではなくスラブ一体ベタ基礎を採用しています。スラブ一体ベタ基礎は、床面全体を耐圧盤
として利用し建物を床全面で支えるため、耐久性に優れています。
また工事着工前に地盤調査を実施、調査データを基に安全性を確認。万全の体制で工事を行っています。

モアコーポレーションではジャパンホームシールドの地盤保証システムを採用しています。

スウェーデン式サウンディング調査

基礎配筋で強固なベタ基礎、基礎パッキン工法で通気性能アップ

鉄筋コンクリート造ベタ基礎

基礎全体をコンクリートで固め、鉄筋を配した頑強なベタ基礎。基礎パッキン工法を採用し、基礎の強度を損なうことなく床下の換気性能を高めます。

基礎配筋

鉄筋コンクリート基礎

床下配管

基礎断面図

基礎パッキン施工例

基礎パッキン部材

耐震性・耐久性

大切なご家族の生命と財産を守る強さ。心からやすらぎ、快適に暮らすための居住性の高さ。
そして、長い歳月の流れの中で、それらを維持する耐久力。
いま、時代に求められるそれぞれの要素を、納得いくまで追求することで、達したひとつの結論。それが、弊社の高耐久性木造住宅です。

軸組状態

外壁下地状態

高い耐久性能を支える、豊富な知識と経験

モアコーポレーションの木造住宅には、長年の実績に裏打ちされた知識と経験、そして優れた技術による高耐久仕様が施されています。 建材・部材の選定から組み合わせ、施工精度に至る技術と経験が、皆様の家を安全に長期間守ります。

鋼性火打梁(小屋組)
梁と桁等の小平部材のコーナーに設け、ボルトで固定します。

羽子板
梁と桁、桁と柱、胴差と床梁および通し柱と胴差の接合に使用します。

ひねり金物
屋根たる木を桁に固定し、風力により軒があおられるのを防止します。

2倍筋違い金物
筋かいの固定に用います。これにより耐力壁の強度をアップします。

ホールダウン金物
土台と柱を固定し、地震による柱の引き抜きから家を守ります。

柱接続金物
土台と柱、桁と柱の接合部を補強します。

構造用合板(ダイライト又はラーチ)
壁倍率2.5の耐久壁を可能にします。地震・台風に備えた仕様。

仕様は予告なく変更する場合がございます。

建築を検討している方へ

お電話でのお問い合わせ
9:30~18:30
042-359-4722